2019年10月22日火曜日

学習環境

ラング線形代数学(下) (ちくま学現文庫)(S.ラング (著)、芹沢 正三 (翻訳)、筑摩書房)の14章(群)、1(巡回群)、練習問題3の解答を求めてみる。


  1. G のある元 a が無限周期であると仮定すると、

    a , a 1 , a 2 ,

    と G が有限群であることと矛盾する。

    よって、 G の任意の元は有限周期である。

    (証明終)

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ