2019年7月18日木曜日

開発環境

はじめての機械学習 (小高知宏(著)、オーム社)の第2章(パラメーター調整による学習)、2.2(パラメーター調整による時系列データの学習)、2.2.2(時系列データの変動傾向の学習)、増減の出力をC言語ではなくPythonで取り組んでみる。

コード

Python 3

#!/usr/bin/env python3
import sys

prev = None
is_first = True

for line in sys.stdin:
    try:
        line = line.strip()
        val = float(line)
    except ValueError as err:
        print('データが不正です。', file=sys.stderr)
        sys.exit(1)
    else:
        if is_first:
            is_first = False
        elif prev < val:
            print('+')
        else:
            print('-')
        prev = val

if is_first:
    print('データがありません。', file=sys.stderr)
    sys.exit(1)

入出力結果(Bash、cmd.exe(コマンドプロンプト)、Terminal、Jupyter(IPython))

$ cat data.txt 
15.400000
15.900000
15.400000
15.000000
$ ./updown.py < data.txt 
+
-
-
$ ./updown.py < data.txt > pm.txt
$ cat pm.txt 
+
-
-
$ 

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ