2019年10月20日日曜日

学習環境

解析入門(上) (松坂和夫 数学入門シリーズ 4) (松坂 和夫(著)、岩波書店)の第6章(関数の近似、テイラーの定理)、6.1(テイラーの定理)、問題2の解答を求めてみる。


  1. f は a の近傍で2回税紛可能なので、f の導関数は微分可能。 よって連続でもある。

    ゆえに 、 平均値の定理より、

    f ' a + θ h = f ' a + θ h f ' ' a + θ 1 θ h 0 < θ 1 < 1

    となる

    θ 1

    が存在する。

    よって、 これを代入すると、

    f θ + h = f a + h f ' a + θ h f ' ' a + θ 1 θ h

    また、 テイラー の定理 により、

    f a + h = f a + f ' a h + f ' ' a + θ 2 h 2 h 2 0 < θ 2 < 1

    2つの式を比較する。

    θ h 2 f ' ' a + θ 1 θ h = 1 2 f ' ' a + θ 2 h h 2 θ = 1 2 · f ' ' a + θ 2 h f ' ' a + θ 1 θ h

    よって

    h 0 θ 1 2 · f ' ' a f ' ' a = 1 2

    である。

    また、問題の仮定より、

    f ' '

    は a の近傍で狭義単調なので、

    θ

    は h に対して一意的に定まる。

    (証明終)

コード

Python 3

#!/usr/bin/env python3
from sympy import pprint, symbols, exp, Derivative, plot, solve, Limit

print('2.')

x, h, theta = symbols('x, h, θ', real=True)
f = exp(x)
a = 0

l = f.subs({x: a + h})
r = f.subs({x: a}) + h * Derivative(f, x, 1).doit().subs({x: a + theta * h})
s = solve(l - r, theta)
pprint(s)
print()

for o in ['+', '-']:
    l = Limit(s[0], h, 0, dir=o)
    for t in [l, l.doit()]:
        pprint(t)
        print()


p = plot(f, f.subs({x: a}) + Derivative(f, x, 1).doit().subs({x: a}) * x,
         (x, -5, 5),
         ylim=(-5, 5),
         show=False,
         legend=True)

colors = ['red', 'green', 'blue', 'brown', 'orange',
          'purple', 'pink', 'gray', 'skyblue', 'yellow']

for o, color in zip(p, colors):
    o.line_color = color

p.show()
p.save('sample2.png')

入出力結果(Zsh、cmd.exe(コマンドプロンプト)、Terminal、Jupyter(IPython))

% ./sample2.py
2.
⎡   ⎛ ⎛     h⎞ ⎞⎤
⎢   ⎜-⎝1 - ℯ ⎠ ⎟⎥
⎢log⎜──────────⎟⎥
⎢   ⎝    h     ⎠⎥
⎢───────────────⎥
⎣       h       ⎦

     ⎛   ⎛ ⎛     h⎞ ⎞⎞
     ⎜   ⎜-⎝1 - ℯ ⎠ ⎟⎟
     ⎜log⎜──────────⎟⎟
     ⎜   ⎝    h     ⎠⎟
 lim ⎜───────────────⎟
h─→0⁺⎝       h       ⎠

1/2

     ⎛   ⎛ ⎛     h⎞ ⎞⎞
     ⎜   ⎜-⎝1 - ℯ ⎠ ⎟⎟
     ⎜log⎜──────────⎟⎟
     ⎜   ⎝    h     ⎠⎟
 lim ⎜───────────────⎟
h─→0⁻⎝       h       ⎠

1/2

%

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ