2018年12月30日日曜日

開発環境

退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング (Al Sweigart(著)、相川 愛三(翻訳)、オライリージャパン)の第I部(Pythonプログラミングの基礎)、2章(フロー制御)、2.11(演習問題)2-1、2、3.を取り組んでみる。

コード(Emacs)

Python 3

#!/usr/bin/env python3
print('2-1.')
blns = [True, False]

for b in blns:
    print(b)

print('2-2.')
print('and、or、not')

print('2-3.')
print('and')
for b1 in blns:
    for b2 in blns:
        print(f'{b1} and {b2}: {b1 and b2}')

print('or')
for b1 in blns:
    for b2 in blns:
        print(f'{b1} or {b2}: {b1 or b2}')

print('not')
for b in blns:
    print(f'not {b}: {not b}')

入出力結果(Terminal, cmd(コマンドプロンプト), Jupyter(IPython))

$ ./sample1.py
2-1.
True
False
2-2.
and、or、not
2-3.
and
True and True: True
True and False: False
False and True: False
False and False: False
or
True or True: True
True or False: True
False or True: True
False or False: False
not
not True: False
not False: True
$

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ