2018年12月25日火曜日

読書環境

開発環境

今日から使える物理数学 普及版 難解な概念を便利な道具にする (ブルーバックス) (岸野 正剛(著)、講談社)の第1章(謎を解く驚異のデバイス - 微分方程式)、1.1(微分方程式で解く空飛ぶスカイダイビングの秘密)の実例で考えましょう1-1のグラフを描いてみた。

コード(Emacs)

Python 3

#!/usr/bin/env python3
# 1 sessionのインポートが必要
from sympy import pprint, symbols, plot, Derivative

g = 9.8
t = symbols('t')

x = g * t ** 2 / 2
v = Derivative(x, t, 1).doit()

f = 3800 - x

for o in [x, v, f]:
    pprint(o)
    print()

p = plot(f, v, (t, 0, 30), ylim=(0, 4000), legend=True, show=False)

colors = ['red', 'green']
for i, color in enumerate(colors):
    p[i].line_color = color

p.save('sample1.png')

入出力結果(Terminal, cmd(コマンドプロンプト), Jupyter(IPython))

$ ./sample1.py
     2
4.9⋅t 

9.8⋅t

       2       
- 4.9⋅t  + 3800

$

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ