2018年11月7日水曜日

学習環境

解析入門〈6〉 重積分/重積分の変数変換/微分形式とその積分/ルベーグ積分(松坂 和夫(著)、岩波書店)の第23章(重積分)、23.2(一般の集合の上の積分)、問題1.を取り組んでみる。


  1. f は A 上で 有界な関数なので、ある実数 m、 M が存在して、

    m f x , y M

    また、

    m u A A f M u A

    なので、

    m · 0 A f M · 0 0 A f 0

    よって、

    A f = 0

    が成り立つ。

0 コメント:

コメントを投稿

Comments on Google+: