2018年9月14日金曜日

開発環境

Head First C ―頭とからだで覚えるCの基本 (David Griffiths (著)、Dawn Griffiths (著)、中田 秀基 (監修)、木下 哲也 (翻訳)、オライリージャパン)の5章(構造体、共用体、ビットフィールド - 独自の構造を使う)、ピラニアパズル(p. 223)をGoで取り組んでみる。

ピラニアパズル(p. 223)

コード(Emacs)

package main

import "fmt"

type Fish struct {
 name    string
 species string
 teeth   int
 age     int
}

func (f Fish) catalog() {
 fmt.Printf("%sは%sであり、歯は%d本あります。年齢は%d才です。\n",
  f.name, f.species, f.teeth, f.age) 
}
func catalog(f Fish) {
 fmt.Printf("%sは%sであり、歯は%d本あります。年齢は%d才です。\n",
  f.name, f.species, f.teeth, f.age)
}
func main() {
 snappy := Fish{
  "スナッピー",
  "ピラニア",
  69,
  4,
 }
 catalog(snappy)
 snappy.catalog()
}

入出力結果(Terminal)

$ go run sample1.go
スナッピーはピラニアであり、歯は69本あります。年齢は4才です。
スナッピーはピラニアであり、歯は69本あります。年齢は4才です。
$

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ