2018年4月5日木曜日

開発環境

Head First C ―頭とからだで覚えるCの基本 (David Griffiths (著)、Dawn Griffiths (著)、中田 秀基 (監修)、木下 哲也 (翻訳)、オライリージャパン)の5章(構造体、共用体、ビットフィールド - 独自の構造を使う)、コンパイラになってみよう(p. 251)を取り組んでみる。

コンパイラになってみよう(p. 251)

Makefile

CC = cc

all: run

sample: sample.c
 $(CC) sample.c -o sample

run: sample
 ./sample
#include <stdio.h>

typedef struct {
  float tequila;
  float cointreau;
  union {
    float lemon;
    int lime_pieces;
  } citrus;
} Margarita;

int main() {
  // そのままでコンパイルできる
  Margarita m1 = {2.0, 1.0, {0.5}};
  printf("%2.1f単位のテキーラ\n"
         "%2.1f単位のコアントロー\n"
         "%2.1f単位のジュース\n\n",
         m1.tequila, m1.cointreau, m1.citrus.lemon);

  Margarita m2;
  // キャストが必要
  m2 = (Margarita){2.0, 1.0, {0.5}};
  printf("%2.1f単位のテキーラ\n"
         "%2.1f単位のコアントロー\n"
         "%2.1f単位のジュース\n\n",
         m2.tequila, m2.cointreau, m2.citrus.lemon);
}

入出力結果(Terminal)

$ make
cc sample.c -o sample
./sample
2.0単位のテキーラ
1.0単位のコアントロー
0.5単位のジュース

2.0単位のテキーラ
1.0単位のコアントロー
0.5単位のジュース

$

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ