2017年12月5日火曜日

開発環境

Head First C ―頭とからだで覚えるCの基本 (David Griffiths (著)、Dawn Griffiths (著)、中田 秀基 (監修)、木下 哲也 (翻訳)、オライリージャパン)の4章(複数のソースファイルの使用 - 分割して構築する)、コンパイラになってみよう(p. 176)を取り組んでみる。

コンパイラになってみよう(p. 176)

警告なしにコンパイルできてプログラムが正常に機能するのは、1つ目のコード。

コード

#include <stdio.h>

float mercury_day_in_earth_days();
int hours_in_an_earth_day();

int main()
{
 float length_of_day = mercury_day_in_earth_days();
 int hours = hours_in_an_earth_day();
 float day = length_of_day * hours;
 printf("彗星での一日は%f時間です。\n", day);
 return 0;
}

float mercury_day_in_earth_days()
{
 return 58.65;
}

int hours_in_an_earth_day()
{
 return 24;
}

入出力結果(コマンドプロンプト)

C:>Project3.exe
彗星での一日は1407.600098時間です。

C:>

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ