2019年7月13日土曜日

開発環境

初めてのPerl 第7版 (Randal L. Schwartz(著)brian d foy(著)Tom Phoenix(著)近藤 嘉雪(翻訳)嶋田 健志(翻訳)オライリージャパン)の12章(ファイルテスト)、12.5(練習問題)3の解答を求めてみる。

コード

#!/usr/bin/env perl
use strict;
use warnings;
use utf8;
use v5.18;
# Wide character in print at ... line ...が出力されないようにに指定
# 付録C(Unicode入門)、C.4(ファンシーな文字)、C.4.2(さらにファンシーな文字)より
# WindowsとmacOSのどちらでも標準入力、標準出力、標準エラーについてちゃんと動くように設定
use Encode::Locale;
binmode STDIN, ':encoding(console_in)';
binmode STDOUT, ':encoding(console_out)';
binmode STDERR, ':encoding(console_out)';

say '3.';

say '読み書き可能、所有してるファイル名一覧';
for (@ARGV) {
    say if -r -w -o;
}

入出力結果(Bash、cmd.exe(コマンドプロンプト)、Terminal)

$ tree
.
├── sample1.pl
├── sample2.pl
├── sample3.pl
├── some_file1.txt
└── some_file2.txt

0 directories, 5 files
$ ./sample3.pl 
3.
読み書き可能、所有してるファイル名一覧
$ ./sample3.pl *
3.
読み書き可能、所有してるファイル名一覧
sample1.pl
sample2.pl
sample3.pl
some_file2.txt
$ ./sample3.pl  a.txt
3.
読み書き可能、所有してるファイル名一覧
$ ./sample3.pl * a.txt
3.
読み書き可能、所有してるファイル名一覧
sample1.pl
sample2.pl
sample3.pl
some_file2.txt
$ ./sample3.pl a.txt *
3.
読み書き可能、所有してるファイル名一覧
sample1.pl
sample2.pl
sample3.pl
some_file2.txt
$ ./sample3.pl  a.txt sample3.pl b.txt
3.
読み書き可能、所有してるファイル名一覧
sample3.pl
$ 

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ