2019年7月16日火曜日

開発環境

中学数学からはじめる暗号入門 ~現代の暗号はどのようにして作られたのか~ (知りたい!サイエンス 141) (関根 章道(著)、技術評論社))の前編(暗号の歴史あれこれ)、第2章(またまた被害に - シーザー式暗号とエニグマ暗号機)の31ページのコラム(プログラム言語)のC言語のプログラム例に誤植(?)があったから報告してみた。

誤植といっても、あくまで例だから、コンパイルできる正確なコードを記述するという意図はなく、それっぽいC言語のコードを例示するためだけで誤植ではないのかも。

本著のコードはintではなくIntとiが大文字になっているのと、セミコロン「;」がない。

#include <stdio.h>

Int main(void) {
  printf("hello!")
  return 0
}

入出力結果(Bash、cmd.exe(コマンドプロンプト)、Terminal)

$ cc sample.c 
sample.c:3:1: error: unknown type name 'Int'; did you mean 'int'?
Int main(void) {
^~~
int
sample.c:4:19: error: expected ';' after expression
  printf("hello!")
                  ^
                  ;
sample.c:5:11: error: expected ';' after return statement
  return 0
          ^
          ;
3 errors generated.
$ 

修正。

#include <stdio.h>

int main(void) {
  printf("hello!");
  return 0;
}

入出力結果(Bash、cmd.exe(コマンドプロンプト)、Terminal)

$ cc sample.c 
$ ./a.out 
hello!$ 

おまけ。

21st Century Cを参考に今っぽく。あと改行を追加して出力を読みやすく。

#include <stdio.h>

// void削除
int main() {
  // 改行を追加
  printf("hello!\n");
  // returnの書略
  /* return 0; */
}

入出力結果(Bash、cmd.exe(コマンドプロンプト)、Terminal)

$ cc sample.c
$ ./a.out 
hello!
$ 

さらにおまけ。(コメントを省略しただけ。)

#include <stdio.h>

int main() {
  printf("hello!\n");
}

入出力結果(Bash、cmd.exe(コマンドプロンプト)、Terminal)

$ cc sample.c
$ ./a.out 
hello!
$ 

以前と同様に報告完了。

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ