2019年1月3日木曜日

開発環境

プログラミング言語Go (ADDISON-WESLEY PROFESSIONAL COMPUTING SERIES) (Alan A.A. Donovan(著)、Brian W. Kernighan(著)、柴田 芳樹(翻訳)、丸善出版)の第1章(チュートリアル)、1.2(コマンドライン引数)、練習問題1.3の解答を求めてみる。

コード

package main

import (
 "fmt"
 "os"
 "strings"
 "time"
)

func main() {
 s1, s2 := 0.0, 0.0
 // forループ
 start := time.Now()
 s, sep := "", ""
 for _, arg := range os.Args[1:] {
  s += sep + arg
  sep = " "
 }
 fmt.Println(s)
 s1 = time.Since(start).Seconds()
 fmt.Println("%.2fs", s1)

 start = time.Now()
 fmt.Println(strings.Join(os.Args[1:], " "))
 s2 = time.Since(start).Seconds()
 fmt.Println("%.2fs", s2)

 fmt.Println("事項時間の差(forループ - strings.Join関数): %.2fs", s1-s2)
}

入出力結果(Terminal, cmd(コマンドプロンプト))

$ go run sample3.go

%.2fs 2.7569e-05

%.2fs 2.021e-06
事項時間の差(forループ - strings.Join関数): %.2fs 2.5548e-05
$ go run sample3.go 1
1
%.2fs 2.7631e-05
1
%.2fs 2.055e-06
事項時間の差(forループ - strings.Join関数): %.2fs 2.5576e-05
$ go run sample3.go 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
%.2fs 2.841e-05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
%.2fs 2.625e-06
事項時間の差(forループ - strings.Join関数): %.2fs 2.5785e-05
$ go run sample3.go a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z
%.2fs 2.9439e-05
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z
%.2fs 2.874e-06
事項時間の差(forループ - strings.Join関数): %.2fs 2.6565e-05
$ go run sample3.go a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z
%.2fs 5.9824e-05
a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z
%.2fs 4.199e-06
事項時間の差(forループ - strings.Join関数): %.2fs 5.5625000000000004e-05
$ 

このコードの場合はstrings.Joinを使ったバージョンの方が速い結果に。forとrangeを使った方がインデックスの取得と文字列の連結の演算があるから時間がかかると予想。

ということで、性能、コードの短さ、読みやすさのいずれを考慮してもforループとrangeを使ったコードよりstrings.Joinを使ったコードの方が良さそう。

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ