2018年5月15日火曜日

開発環境

Head First C ―頭とからだで覚えるCの基本 (David Griffiths (著)、Dawn Griffiths (著)、中田 秀基 (監修)、木下 哲也 (翻訳)、オライリージャパン)の1章(Cを始める - Cの世界に飛び込む)、自分で考えてみよう(p. 27)を取り組んでみる。

自分で考えてみよう(p. 27)

Makefile

cc = cc

all: sample run

sample: sample.c
 cc sample.c -o sample

run: sample
 ./sample

コード

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main() {
  char card_name[3];
  puts("カード名を入力してください:");
  scanf("%2s", card_name);
  int val = 0;
  switch (card_name[0]) {
  case 'K':
  case 'Q':
  case 'J':
    val = 10;
    break;
  case 'A':
    val = 11;
    break;
  default:
    val = atoi(card_name);
    break;
  }
  if (3 <= val && val <= 6) {
    puts("カウントが増えます");
  } else if (val == 10) {
    puts("カウントが減ります");
  }
  printf("カードの値: %i\n", val);
}

入出力結果(Terminal)

$ make
cc sample.c -o sample
./sample
カード名を入力してください:
K
カウントが減ります
カードの値: 10
$ make
./sample
カード名を入力してください:
Q
カウントが減ります
カードの値: 10
$ make
./sample
カード名を入力してください:
A
カードの値: 11
$ make
./sample
カード名を入力してください:
5
カウントが増えます
カードの値: 5
$ 

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ