2018年1月8日月曜日

開発環境

Head First C ―頭とからだで覚えるCの基本 (David Griffiths (著)、Dawn Griffiths (著)、中田 秀基 (監修)、木下 哲也 (翻訳)、オライリージャパン)の11章(ソケットとネットワーキング - 127.0.0.1 という場所はない)、自分で考えてみよう(p. 473)を取り組んでみる。

自分で考えてみよう(p. 473)

コード

#include <stdio.h>
#include <WinSock2.h>
#include <stdbool.h>
// プログラマはエラーチェックを忘れています。

void error(char *msg)
{
 char s[80];
 strerror_s(s, 80, errno);
 fprintf(stderr, "%s: %s\n", msg, s);
 exit(1);
}
int main(int argc, char *argv[])
{
 char *advice[] = {
  "食べる量を減らしなさい\r\n",
  "タイトなジーンズにしなさい。太って見えることはありません\n\n",
  "一言: 不適切\r\n",
  "今日だけは正直になりなさい。「本当に」思っていることを上司に言いなさい\r\n",
  "そのヘアスタイルは考え直したほうがいいでしょう\r\n"
 };

 SOCKET listener_d = socket(PF_INET, SOCK_STREAM, 0);
 if (listener_d == -1)
  error("ソケットを開けません");

 struct sockaddr_in name;
 name.sin_family = PF_INET;
 name.sin_port = htons(30000);
 name.sin_addr.s_addr = htonl(INADDR_ANY);

 int c = bind(listener_d, (struct sockaddr*)&name, sizeof(name));
 if (c == -1)
  error("ソケットにバインドできません");

 if (listen(listener_d, 10) == -1)
  error("接続待ちできません");

 puts("接続を待っています");

 while (true) {
  struct sockaddr_storage client_addr;
  unsigned int address_size = sizeof(client_addr);
  int connect_d = accept(listener_d, (struct sockaddr *)&client_addr, &address_size);
  
  if (connect_d == -1)
   error("第2のソケットを開けません");

  char *msg = advice[rand() % 5];
  if (send(connect_d, msg, strlen(msg), 0) == -1)
   error("send");

  close(connect_d);
 }

 return 0;
}

入出力結果(コマンドプロンプト)

>advice.exe
ソケットを開けません: No error

>advice.exe
ソケットを開けません: No error

>

Windows の場合は WinSock2.h ヘッダーファイルを使ったり、リンカーの入力に ws2_32.lib を追加したりするところまでは分かったけど、ソケットを開けない理由はエラーメッセージが「No error」ということで分からず。

0 コメント:

コメントを投稿

関連コンテンツ